アラサーの定義決定版|東京婚活ブログ

arasa 30

アラサーってどういう意味?

 

アラサーと聞くと20代女性は敏感に反応する人もいます。当たり前のように使われているアラサーですが、どんな意味があって何歳からアラサーなのかハッキリしないところもあります。東京アラサー婚活サイトでは、ハッキリしないアラサーと言う定義についてまずは「あなたはアラサーです」とハッキリさせてから婚活の情報をお届けさせて頂きたいと考えております。

 

アラサー・アラフォー・アラフィフと言った表現が世の中にはたくさんあります。この表現が生まれたのは2006年頃ファッション業界。その後、様々なメディアで「Around〇〇」と言った言い方がブームになり、これがアラサー・アラフォー・アラフィフなど略されて使用されるようになりました。つまり「アラサー」の「アラ」はアラウンドのアラを指していることになります。アラウンドの意味は直訳すると「周辺」となります。アラサーの意味とは30歳周辺の年齢と言う事になります。

 

アラサーって何歳から?

 

アラサーが30歳周辺と言う事は解ったけど、「具体的にアラサーって何歳」と言う部分については人にとって様々な意見があるようです。特に業種や業界にとってアラサーにおける定義はバラバラです。また、男性と女性の目線でもアラサーの考え方は違ってくるようです。

 

未婚の女性にアラサーについてアンケートした結果を参考にしてみると「アラサーって何歳だと思う?」と言う質問の一番多かった答えが28歳でした。これは一般女性の感覚の答えになります。実はファッション業界のアラサー定義は30歳から前後3歳をアラサーと定義しておりますので27歳~33歳をアラサーとしているようですね。

 

男性からみた女性のアラサーはもっと幅広いイメージがあるようです。男性から見た女性のアラサー基準はなんと25歳~34歳をアラサーとしている人が多いようです。その為、女性も男性も25歳を過ぎると仕事でも少し大きめのプロジェクトを任されたりします。アラサーになると周りの環境や自分自身にも様々な変化が現れます。この変化もアラサーを定義付ける裏付けになったりもします。

 

アラサーを感じる瞬間

 

アラサーと言う言葉に敏感に反応するのは男性よりも女性です。この言葉を気にするようになること自体が実はアラサーになってきている証拠!

 

ここでこの兆候があったらあなたもアラサー!!「アラサーあるある」を紹介しましょう。

 

アラサーあるある
  • アラサーであるか気になる
  • アラサーではないと言い張る
  • 急に将来に不安を感じる

     

    この3つはアラサー女性にありがちな兆候です。アラサーの定義については説明をしましたが人によって感覚が違う事は間違えありません。例えば男性から「そろそろアラサーなんだし・・・」などと言われると「え?私アラサー???」と気になったり「私はまだアラサーじゃありません!!」と急に言い張ったりしてしまう事ありませんか?これがアラサーのサインです。人によっては「私の将来は大丈夫なのか??」と不安になってきてしまう女性もいるようです。

     

    面白い意見では「女子」と言う表現に「違和感を感じる」という方もいました。女性の会話の中では「私たち女子は」と表現する女性もいます。会話の中でアラサー女性が女子と表現する事に違和感を覚えるという兆候です。

     

    この兆候は大人の女性になったという事なので良い事だと思います。婚活市場ではラフォー女性が自分達の事を「女子」と表現すると男性に引かれてしまいます。

     

    また、アラサーになると興味のある話題にも変化が出始めます。いままであまり反応をしなかった「出産」や「結婚」と言うワードに敏感になるようになるでしょう。

     

    アラサー世代は結婚最前線です。女性の結婚適齢時期は27歳~28歳です。この時期に多くの女性は好きな男性と結婚し出産をします。世に言う結婚ラッシュがこの時期になります。都心部では「結婚の晩婚化」とは言われていますが、34歳ごろまでに結婚し出産する事が理想とされています。もしあなたが、結婚したい29歳以上アラサー女性「出会いなし・彼氏なし」と言う方は焦って下さい!!真面目に婚活しましょう。

     

    男女の出会いの仕組み

     

    男性も女性も出会いはその辺にあると思っている方が多いと思います。男女の出会いが最も多いのは「学生時代」です。特に大学生の頃です。大学に行けば異性と知り合うきっかけが毎日無数にあります。多くの男女は大学時代に恋愛をし、就職して数年後に結婚をします。職場での出会いもあると思います。

     

    就職先の先輩と付き合って結婚と言うパターンです。この出会い方も王道ですね。新人女性と先輩男性での結婚と言うケースは珍しい事ではありません。

     

    このパターンを逃すと友人の紹介や合コンなどでの出会いに期待する事になります。30歳も近づく頃になると周りの女性も結婚をしており合コン回数も減ってきます。

     

    「参加した合コンの男性が年下ばかり・・・」こんな経験があったら間違いなくアラサー女性でしょう。

     

    結婚したいと考えている女性の場合「アラサーは勝負の時期」です。学生時代・職場・合コンで「良い出会い」がないと感じているなら、あなたの周りに「良い出会い」は作らないとありません「婚活」を真面目にスタートしましょう。

     

    アラサー婚活市場について

     

    気になる婚活市場のアラサーの定義はどこになるのでしょうか?実は婚活では異性の目線が中心になるので「アラサーの定義」は男性目線25歳~34歳が基準となってしまいます。女性から見ると「え?早くない?」「ネットに28歳からって書いてある」「勝手なこと言うな!」と感じるとは想いますが婚活市場は男性からみた女性のイメージが優先されます。つまり、アラサーかどうかを決めるには女性ではなく男性の意見になります。

     

    婚活市場で男性が女性の25歳~34歳をアラサーと考えるのであれば婚活市場の定義は25歳~34歳までをアラサー女性と定義付けされることになります。このように婚活市場でのアラサー定義は世の中よりも幅広くなっています。

     

    更に婚活市場では同じアラサーでも20代のアラサーと30代でのアラサーでは結婚率に違いが現れる傾向があります。アラサーは結婚適齢期です。この時期に結婚する事が重要なのです。

     

    アラサーの婚活市場では男女の価値は年齢と年収で決められてしまいます。「婚活は等価交換」であり交換する内容が少なくなってしまうと選ばれなくなってしまうのです。「性格が良い」「見た目年齢が若い」などは恋愛関係であれば有効だと思いますが、アラサー婚活市場では無意味です。女性は年齢・男性は年収で評価されます。

     

    つまりアラサー女性の場合には25歳~29歳での男性の反応と30歳~34歳までの男性の反応は婚活市場ではかなり違ってきます。ちなみに35歳以上はアラフォーになりますので結婚確率が異常に下がります。

     

    アラサー定義のまとめ

     

    このようにアラサーの定義は個人的な感覚や業界によってバラバラになっています。その為、アラサーを気にする女性は「私はまだアラサーではない」と感じたいという気持ちはわかります。

     

    しかし、これを読んでくださっている方が「結婚したい」と感じたのであれば婚活市場のアラサー基準に合わせて行動をする事をおすすめします。20代のアラサーよりも30代のアラサーの方が婚活は厳しくなります。婚活市場で言う20代アラサー(25歳~29歳)のタイミングで良い人を探し結婚する事が一番スピーディーで良い婚活になると思います。

     

    特に20代後半のアラサー女性で彼氏が居ない方はすぐに行動しましょう!アラサーの定義を知って意地を張っても良い事などありません。

     

    「やばいなぁ・・・私アラサーだ」

     

    と感じて早めの婚活をスタートする事がアラサーの定義を知る事だと感じます。このブログを幸せな結婚に役立ててもらえる事を心から願っています。